ブログ

ビジャから学ぶドリブル

投稿日:

マーカーやコーンを置いて、敵だと思って、利き足をこう動かして、逆足の〇〇をこう動かして・・・

華麗な技を真似をする。よくやるドリブルやフェイントのトレーニングです。

 

実際、そこでやった技やフェイントは試合ではほぼ見ることがありません。とことん練習していないからなのでしょうけど。

 

 

ビジャ曰く

ボールを受けたとき、自分の前にはディフェンダーが1人なのか、カバーリングがいるのか。

自分のチームメイトが今からサポートに入ってくるのかどうか状況を見てどんなプレーをするか判断するんだ。

 

1対1の状況で、相手の近くによってからそこからリズムをより早く変えて、ディフェンダーよりも素早く動けることがこの交わし方の大事なポイントだ。

 

 

今までも、相手や味方がいない練習って実戦での再現性がないとなんとなく思っていたし、1対1の練習では強いけど、試合では無駄なタッチが多く寄せられてボールロストしたり、2、3人相手にに突っ込んでいったり。

華麗なフェイントもそこそこに。

味方、相手がいてのドリブル。まずは状況判断。あとはシンプルにリズムとスピードの変化。

 

明日からのトレーニングに活かしたいと思います。

googlead

googlead

-ブログ

Copyright© 岩木JFC , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.